BLOGイベントレポートや日々のブログを掲載中

レポート「ホームムービーの日 in 東京府中」

2018.3.10
ホームムービーの日 in 東京府中

東京府中では初開催のホームムービーの日。

上映されたフィルムは11本。
府中在住の4人の方々からお借りしたフィルムを上映しました。
1人につき20分ほどの上映になるよう、あらかじめフィルムを選定し、それぞれ新しい時代に撮影されたリールからかけて、時代を遡っていく形をとりました。
内容は、1950年代から80年代に撮影された、主に府中市内や多摩周辺の映像です。比較的新しいシングル8というフォーマットのカラーフィルム(サウンドつきも含む)から、ダブル8という古い白黒のフィルムでしたが、いずれも比較的状態が良く、上映は滞りなく進みました。

上映中にはフィルム提供者の皆さんにコメントをつけていただきました。
どなたも喋りが上手で、観客との掛け合いが楽しく、アンケートでも好評でした。
また、地元ではおなじみの府中4中、1小、旧甲州街道などの映像が映ると、地元の方々からどよめきが聞こえました。特に1958年のアジア競技大会の聖火リレーのフィルムには、観客の皆さんの目が釘付けになっているのがわかりました。
また子どもの映像では笑いが飛び出し、全体にとてもよい雰囲気でした。

観客の方々は市内外から集まりました。
フィルムの持ち主のご家族・友人など関係者をはじめ、スタッフの声がけで来てくださった地元府中の方々、他の土地で「ホームムービーの日」を開催している方々、8ミリフィルムで作家活動をしている方々などが駆けつけてくださいました。また20代の若い世代も数名いたのは嬉しい限りです。

交流会は歓談で終わりましたが、懐かしい顔との再会や、新しい出会いが生まれていました。
会場の蔵カフェの古い材木が全体を包み込み、互いの距離を縮めたような気がします。

フィルムの持ち主の皆さんは、今回の機会がなかったらフィルムを見ることはなかった方ばかりでした。
特にサウンド付きのフィルムを持ち寄った方からは、とても感動したと言っていただきました。

フィルムを提供してくださった皆さま、会場を手伝ってくれたスタッフの皆さま、機材を提供してくださった皆さま、様々な相談に乗ってくださった皆さま、影ながら応援してくださった皆さま、そしてカンパをしてくださった皆さまに、この場を借りてお礼を申し上げます。
いろんな縁が重ならなかったら、今回の上映は実現しませんでした。
ただただ感謝あるのみです。
ありがとうございました。


メルマガ購読
TOP