Mail Magazineフェットが届けるメルマガのバックナンバー

2018年9月10日号

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
『暮らしと表現の芸術祭 フェット』メールマガジン
++++++++++++++++++++++++++2018年9月10日号 

府中にも秋がやってきましたね。
蝉の声が消え、街角に並ぶ梨の数が増えるにつれて、だんだんと秋が深まってきます。

さて、今月もアーティスト・コレクティヴ・フチュウの会員によるワークショップや展示をこ紹介!

ACF主催による月1演劇ワークショップは、今回もプラッツでの開催です。
親子で即興演劇を体験して、心も体も揉みほぐされてしまいましょう!

そして今月の展示も見逃せない内容です。
今年11月に開催される「暮らしと表現の芸術祭 フェット」にも参加する、府中のアーティストやアートスポットによる展示になっています。
芸術祭を前にチェックしてみてはいかがですか?

—————————————————————————————————————–
Artist Collective Fuchu (アーティスト・コレクティヴ・フチュウ) 主催イベント
—————————————————————————————————————–

l  ワークショップ l  こどもとおとなの演劇部
未知なる道を冒険する、インプロ(即興演劇)ワークショップ

会 場:府中市市民活動センター プラッツ 第6会議室
住 所:府中駅前ビル「ルシーニュ」6階 (京王線・府中駅より徒歩1分)
開催日:9月22日(土)
時 間:9:15 – 11:40(約2時間半)
参加費:親子1組 2,000円
     ・1名様追加につき+500円
     ・要予約
     ・お子様だけ、大人だけでのお申し込みはご遠慮ください
      ・託児のサービスは予定していません
  ・15分前よりお部屋にお入りいただけます。受付をお済ませください。
お申込み:①~④のどちらか
①Tel 042-319-9703(府中市市民活動センタープラッツ)
②mail: moshikomi@fuchu-platz.jp
 メールの場合は「こどもとおとなの演劇部」として、親子の氏名(ふりがな)、親子の年齢、電話番号、記載の上送信してください。
③FAX 042-319-9714
 親子の氏名(ふりがな)、親子の年齢、電話番号、メールアドレス記載のこと。
④下記申し込みフォームにご記入ください。
 https://ws.formzu.net/fgen/S41980308/
※48時間以内に返信がない場合はエラーの可能性がございます。下記のお電話にてお問い合わせください。

*facebookのチェックだけでは予約は完了しません。ご注意ください。

Ø インプロ(即興芝居)ってなに…?
台本も演出家もなにも決まっていないお芝居のことです。
お互いのやり取りだけで、未知なる物語を創ります。
演劇の表現としてだけではなく、コミュニケーション教育の一環としてもワークショップという形でも活用されています。
※インプロは「インプロビゼーション(Improvisation=即興)」の略。

Ø 今年の予定 :本企画は月1回プラッツの第6会議室で開催されています。
10月28日(日)
11月18日(日)
12月9日(日)
(2019年1~3月も開催継続予定)

Ø オーガナイザー・プロフィール:ロクディム・りょーちん ryochin
三鷹市在住。即興パフォーマー /役者 /即興芝居講師
即興コメディパフォーマンス集団「ロクディム」メンバー。
親子参加即興コメディを行うユニット「mofmof(もふもふ)」、「演歌魔術師・赤羽根吾朗」プロデュースなど行う。ワークショップ(WS)を全国で数多く開催し小・中・専門学校などでも授業を受け持つ。また、子ども向けのWSも各地で勢力的に行っている。
日本のインプロ(即興演劇)の第一人者、今井純に師事。インプロの世界的権威キース・ジョンストンのWSに参加。

<りょーちんより>
こどもだから、おとなだから、親だからと、社会的な価値観を外して、今この場で目の前にいる人と、どんなことができるのか、どんな物語を創っていけるのか・・・。ただ、一緒に遊んで笑って楽しんじゃいましょう。

主催:Artist Collective Fuchu (府中市市民活動センタープラッツ登録団体)/ロクディムりょーちんワークショップ事務局/フチュウdeインプロ 
協力:株式会社COCOROTUS(府中卸売珈琲店)

————————————————————————————————————————————————————————————-
暮らしと表現の芸術祭 フェット 2018
2018年11月22日(木)〜12月9日(日)
府中各所のアートスポットで展示、ワークショップ、ライブ、上映などを同時開催!
詳細はウェブサイト、またはプラッツほか市内外の店舗等で10月に無料配布される「フェットジャーナル」をご覧ください。
————————————————————————————————————————————————————————————-
—————————————————————————————————————-
ACF主催&協力以外のイベント
—————————————————————————————————————–
*開始日順に掲載。

l 展示 l 小嶋 基弘「笑う」   
会 場:LOOP HOLE
住 所:府中市宮西町1-15-13
開催日:9月1日(土)- 9月29日(土)
時 間:14:00-18:00
休廊日:日曜、月曜、火曜、水曜 *9月17日、24日の祝日は開廊(作家在廊)
入場料:無料
問い合わせ先
    Tel: 042-401-1633
    E-mail: loop@loophole.jp

Ø 天変地異さながらの残暑の暑さと落雷!皆様 無事にお過ごしでしょうか。ループホールでは僧侶ばかりを描き続ける謎の末世絵師 小嶋 基弘 個展を土曜日より開催致します。
チャカポコチャカポコと何やら響いてくる絵の只ならぬ気配に耳を澄ませてください。

l 展示 l 山田元子(やまだはるこ)展
会 場:調布市文化会館たづくり1階 展示室
住 所:調布市小島町2-33-1
開催日:9月8日(土)- 10月21日(日)
時 間:10:00 – 18:00
休館日:9月25日(火) – 9月28日(金)
入場料:無料
問い合わせ先
    Tel: 042-441-6150(たづくり事業部)

Ø 調布市在住の山田元子は、「身体(からだ)のしくみのおもしろさ」をテーマに、金属や木材、大理石など様々な素材で立体作品を手掛ける作家。今回は 新作の体験型作品を紹介するほか、「身体の外から内へ」と題し、人体のパーツや臓器をモチーフとした作品も展示します。また、作家が作品に使用している素材、道具、作品のインスピレーションとなる写真、本、図鑑などを展示し、アトリエを再現したような空間も設置します。作品制作の軌跡や作品が生まれる過程を追い、作家が身体で味わった感覚を想像しながらご覧いただけます。

Ø ギャラリートーク
日時: 9月08日(土)14:00~
    9月22日(土)11:00~
  10月06日(土)11:00~
定員: 30人(当日先着順) 参加無料

Ø ワークショップ
中に入るとあら不思議!?視覚や聴覚(良く見える/見えない、聞こえる/聞こえない)など自分自身の知覚が変化する箱をつくりましょう!
開催日は9月22日(土)、10月6日(土)で子ども向けのワークショップです。
時間や参加方法などの詳細はこちらをごらんください。

Ø アーティストプロフィール
山田元子(やまだ はるこ)
1981年、茨城県つくば市生まれ。
東京藝術大学大学院修了後、文星芸術大学助手、イギリスV&A美術館訪問研究員を経て2012年スタジオげん設立。身体感覚をテーマに立体作品を制作。美術・造形教育にも取組み、2014年調布市に「街のアトリエ1号室」開設。「カラダを動かし モノを作り 世界と対話する」を理念に、子ども教室やクラフト講座など展開。

l 展示 l  かわくぼみちこ 書と絵 1日Museum〜紙で表現できること〜
会 場:青山学院大学渋谷キャンパス 1号館123教室(正門入り左側建物が1号館でその2階です)
住 所:渋谷区4-4-25
開催日:9月23日(日・祝)
時 間:10:00 – 16:00
入場料:無料 *当日キャンパス内での飲食や買物、講座、ワークショップ参加などにはイーゴ券(専用通貨)が必要になります。イーゴ券は当日キャンパス内で販売しています。
問い合わせ先
  Tel: 03-3409-8990
    E-mail: dousousai@al-agu.com

Ø 今年も母校青山学院大学同窓祭(OB/OGの学園祭)に書と絵の作品展で参加します。
どなたでもご入場いただける年1回の楽しいイベント。
紙をベースに墨や絵の具、布やビーズなどいろいろな素材をコラージュした楽しい作品展です。
Happyworldぜひご覧ください。
(青学同窓祭は 9:00〜16:30の開催で、メインイベント終了時間は18:00です)

Ø MichikoGallery〜つながるHappyproject〜も記念館に出店。
ハンドメイド作家さんのステキな雑貨が並びます。
記念館にもぜひお出かけください。
☆記念館でのMichikoGallery出店時間は10:30〜16:00になります。

Ø アーティストプロフィール かわくぼみちこ
書道家。
「おんせん県おおいた課/情報館」(東京・銀座)や書籍・映画のタイトル揮毫、企業とのコラボレーション、雑誌掲載、ふるさとのことばの魅力を発信する「大分方言de書」の個展(書と絵)や「毎日が恋する旅」をコンセプトに幅広く活動中。
MichikoGallery〜つながるHappyproject〜主宰
http://fb.me/MichikoGallery
Instagram
http://www.instagram.com/syodoka_michiko

l 展示 l   マシマタケシ個展「アンダースタンド」
会 場:artist-run-space merdre
住 所:府中市矢崎町1-9-4
開催日:10月3日(水)- 7日(日)
時 間:11:00~18:00
入場料 400円(1ドリンク付き)*豊富なカフェメニューからお選び下さい。ランチもあります。
問い合わせ先
  Tel: 042-319-9298
    E-mail: info(a)uma-merdre.com

Ø ブランコが家の真ん中にある畳敷きのギャラリー「メルドル」で個展を開催いたします。
ソファと大きな座卓もあり、ドリンクを飲みながら、毎回面白い出逢いがあります。
絵だけ集中したい方は好きなように、話に加わりたい方は初対面でも気兼ねなくお座り下さい。
不思議な温かい空間なんです。ボクは期間中ずっと居ります。
今回は「アンダースタンド(下に立つ)」というテーマで新作を中心にご覧頂きます。

Ø横手ありさLIVE 
6日(土曜日)15:00〜
ライブチャージ:大人(中学生以上)1000円+ドリンク代、子ども(4歳~小学生)500円、乳幼児(0歳~3歳)無料、子ども2人目から300円
※お子様はドリンクはつきませんが、別途ご注文いただくことも可能です。
◎ライブ前から個展にお越しの方で、そのままライブをご覧になる方は、ドリンク代は必要ありません。

Ø10月は参宮橋にある「ピカレスク」でも一か月の個展を予定しています。
こちらは土日祝日のみのオープンになります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
このメールマガジンの購読が必要ない方は、お手数ではありますが、このメールアドレス(contact@fetetokyo.com)までご連絡ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
このメールマガジンは、NPO法人アーティスト・コレクティヴ・フチュウのメンバーによる展示やイベントの情報を掲載しています。

*NPO法人アーティスト・コレクティヴ・フチュウは「暮らしと表現の芸術祭 フェット 2018」を運営する団体です。
有志によるボランティアで、企画運営を行っています。「府中」と「多摩地域」にアートを広める活動、
地域にアートのプラットフォームを作る事業に興味のある仲間を募集しています。
アートマネージメントを勉強中の学生さんや主婦、社会人&退職された方。
地域とアートをキーワードに世代や立場を超えたアーティスト・コレクティブ・フチュウの活動に参加しませんか?
ご紹介も大歓迎です。興味のある方はメールアドレス(contact@fetetokyo.com)までお気軽にご連絡ください。

*イラストレーター・わしずひろあきさんによる「フェット」Tシャツも販売中!詳しくはこちらまで!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

発行:NPO法人アーティスト・コレクティヴ・フチュウ
執筆者:馬渕愛


TOP