Mail Magazineフェットが届けるメルマガのバックナンバー

2018年1月26日号

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
『暮らしと表現の芸術祭 フェット』メールマガジン
+++++++++++++++++++++++++++2018年1月26日号

府中市で史上最低のマイナス8.4度を記録したニュースが、全国に響き渡りましたね。
夏の暑さが苦手な筆者は、この季節の凛とした空気や、冴え渡った青い空が大好きです。
氷の上をスキップしている人がいたら、雪国出身の方か筆者です。

さてバレンタインデーのあとは大東京綜合卸売センターでマルシェ&ワークショップです。
前回の「フェット」でも異彩を放った会場として、今回はどんな姿を見せてくれるでしょうか。

今月も、見逃せない展示だけではなく、音楽やダンスのイベントやワークショップも充実。
ぜひ最後まで目を通してくださいね。

—————————————————————————————————————–
Artist Collective Fuchu (アーティスト・コレクティヴ・フチュウ) 主催イベント
—————————————————————————————————————–

l マルシェ&ワークショップ l le marché de fête 「野菜とアート」
会 場:大東京綜合卸売センター
住 所:府中市矢崎町4-1
開催日:2月17日(土) *1日のみ
時 間:10:00 – 14:00
入場料:無料
問い合わせ:電話(プラッツ)042-319-9703
      メールアドレス contact@fetetokyo.com

Ø  「野菜とアート」をテーマのマルシェ&ワークショップを1日限定で開催。20近くの出張店舗や作家が「野菜」をモチーフにした商品やワークショップを持ち寄る、1日限りのアートなマーケットです。
*協働事業 「プラッツと。」 対象事業。

Ø  同日開催!「only one CAR!」ライブペインティングプロジェクト
   話題のアーティストJISHAQMEN(ジシャクメン)の杉浦一志がキッチンカーにライブペイント!
   無料で目の前でお楽しみになれます。

    時間:10:00 – 14:00(予定)
    場所:卸売センター 正面入口荷捌所

   [杉浦一志プロフィール]
    家具デザイナー、空間デザイナーとして商空間、イベ ント空間のコミュニケーションデザインに携わる。
    その後、各国に壁画を描いて国と国を つなげる活動、「火ル種」として世界中を放浪、世界一周する。
    帰国後クリエイティブユニット「JISHAQMEN」を結成。平面 と立体のジャンルを飛び越えたデザイン・アートワークで現在日本で活躍中。
   

—————————————————————————————————————-
ACF主催以外のイベント
—————————————————————————————————————-
*開始日順に掲載。

l 展示  l ART ZOO 作家がつくる動物園
開催日:2018年1月18日(木)- 30(火)
時 間:11:00 – 18:00 最終日16:00まで
休廊日: 1/24(水)
会 場:コート・ギャラリー国立
住 所:国立市中1-8-32
参加料:無料
問い合わせ:電話 042-573-8282
      メールアドレス info@courtgallery-k.com

Ø  2016年10月、墨田区文化芸術プロジェクト「隅田川 森羅万象 墨に夢」参加企画としてART ZOOはスタートしました。【芸術のチカラで動物園をつくろう】をコンセプトに、すみだリバーサイドホール内ギャラリーに2日間限りの〝すみだ動物園〟を作り出し、大好評を博しました。

Ø  作家について
メンバー6人の表現方法はとりどりです。
墨絵、立体造形、日本画、彫刻、書、布絵、漫画…
平面に立体、扱う素材も様々ですが、この世界に生きるもの達の魅力を作品にするというテーマを同じくし集っています。
芸術のチカラでコート・ギャラリー国立に現れた動物たちの世界、どうぞお楽しみ下さい。
石井明日香〈絵描き/漫画家〉佐藤周作〈動物墨絵師〉志村リョウ〈造形作家〉馬塲稔郎〈彫刻家〉林ゆいか〈画家・日本画家〉禮生(れいぶ)〈書家/現代美術家〉

l 展示  l 初売り!アートフェア1、2、3
会 場:artist-run-space merdre
住 所:府中市矢崎町1-9-4
開催日:1月17日(水) – 2月4日(日)
時 間:11:00 – 18:00
休廊日:月曜 火曜
入場料:400円(飲み物付き)
問い合わせ:電話 042-319-9298
      メールアドレス  info@uma-merdre.com

Ø  新春!お手頃な値段で気軽にアート作品を購入できるアートフェアを開催します。
作品のお値段は、1万円、2万円、3万円の三つだけ!
お手頃価格で世界に一つのアート作品を購入できます。
府中市内在住作家を中心に呼びかけました。
さらにお手頃な千円、二千円、三千円のグッズの販売も行います。
木村俊幸(ZINE)
高木有規(石の彫刻)
山田元子(鍛金&鋳物)
かわくぼみちこ(書や絵のグッズなど)
大迫春菜(オブジェ)
桐生麻衣(銅版画、メゾチント)
セキネチカ(絵画)
ショウジョノトモ(イラスト、バッグ、人形など)
芝辻ペランステファン(モザイクタイル)
ウンノヨーコ(写真とデザイン)
あなるちゃん(陶芸など)

l ワークショップ  l Dr.ペランのワークショップ「オリジナル自作楽器をつくろう」
会 場:artist-run-space merdre
住 所:府中市矢崎町1-9-4
開催日:1月27日(土) *1日のみ
時 間:13:00 – 20:00
入場料:5000円(材料費、飲み物&食事付き)
問い合わせ:電話 042-319-9298
      メールアドレス info@uma-merdre.com
お申し込み方法:info@uma-merdre.com まで件名に「オリジナル電子楽器を作ろう!」と題して、本文に、お名前、メールアドレス、電話番号を記載の上、お申し込みください。
持ち物:電子部品を中に収納できる箱、ケース、タッパー、おもちゃ(中が空洞で開けられるもの)など

Ø  残席1!
昨年九月に開催して大好評だったメルドルのオーナー、フランス出身で情報工学博士、ノイズ・エクスペリメンタル・ミュージシャンのDr.ペランによるワークショップを開催します。
ステファンが近年、制作し続けている人形型自作楽器「LES BELLES NOISEUSES」と同じ回路を使用して制作します。
自分の好きな音(8ビット、サインウェーブなど)を回路に組み込んで、オリジナル自作楽器を作りましょう!
お気に入りのケースや箱を持参してくださいね。
世界に一つだけのオリジナル楽器が作れます!

Ø  ステファン・ペラン芝辻
情報工学博士、エンジニア、ノイジシャン
東京大学 情報理工学系研究科 石川小室研究室へ博士研究員として、2001年に来日。2005年頃からノイズミュージシャンやデジタルアートのクリエイターとしても活動を行う。身体と性、共感覚に着目し、作品を制作している。

l 展示 l 石川遼 Ambarvalia
会 場:LOOPHOLE
住 所:府中市宮西町1ー15ー13
開催日:1月27日(土) – 2月25日(日)
時 間:14:00 – 18:00
休廊日:日曜 月曜 火曜 水曜 最終日のみ日曜開廊
入場料:無料

Ø  石川遼 個人展覧会

l 展示 l ひっそり展 in muni 2018冬
会 場:カフェ muni
住 所:埼玉県蓮田市閏戸1808
開催日:2月4日(日)-3月4日(日)
時 間:11:00-17:00
休廊日:木曜 金曜 土曜
入場料:無料 *展示会場はカフェの為、ご来場の際にはお食事やドリンクのご注文をお願い致します。
アクセス:JR蓮田駅西口 バスで10分 「吹上」下車 徒歩3分 *駐車場も広いです。

Ø  小作品中心のグループ展です。
出品アーティスト:
金子 牧 (油絵 フレスコ画)
小久保聡子 (油絵 アクリル画)
小島睦生 (木彫 テラコッタ)
髙木有規 (石彫)
登石雅美 (油絵 アクリル画)
樋口広一郎 (日本画 水彩画)
宮澤明日香 (立体 ミクストメディア)
関口 貴仁 (陶芸)
古川 凜  (アクリル画)
関口 亜美

Ø  焼き芋イベント
2月11日(日)11時から
やきいも& 1ドリンク付き 参加費500円

l 展示  l  服から身体へ
開催日:2月8日(木)- 2月25日(日)
時 間:12:00 – 19:00
休廊日: 月曜、火曜、水曜 
会 場:gallery space 亞
住 所:府中市片町2-22-27
入場料:300円
*入室料はUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に寄付
*画廊会期中は海月資料室(昭和の雑貨)民族人形ルーム無料
問い合わせ:042-364-2436

Ø  めまぐるしく変わるDCブランド(デザイナーキャラクター)に追いかけられた流行に敏感な若者が着るモノから見せる者へと意識改革されました。「服より私の身体をみて」勢いのある服をどうぞ!

l 展示 l 川上善朗展
会 場:点と未来デザインラボラトリー
住 所:調布市染地3-1 816 A-5
開催日:2月10日(土)-3月4日(日)
時 間:14:00-19:00 最終日は17:00まで
休廊日:無休
入場料:無料
問い合わせ:電話042-486-0170
      メールアドレスtentomirai.tokyo@gmail.com

Ø  若手画家”いま”と”かつて”と劣等感と。

Ø  ワークショップ「ぬりえが動く?! ”おめめ”のアニメーションづくり」
自分で描くアニメーション作りをやります。
若手アニメーション作家のしょーたさんが制作したアニメーションの上映とパフォーマンスを開催します。
※参加費:1000円/親子1500円
[予約受付中:電話/042-486-0170(調布美術研究所)]

l 紙芝居ミュージカル l  大須賀ひでき紙芝居ミュージカル「ちょびとピョン子とうろこ玉」
会 場:居酒屋 風
住 所:府中市片町1-6-1-102
開催日:2月17日(土)
時 間:開演11:00
入場料:大人1500円(+こども一人まで) こども500円 ランチ交流参加の場合500円(ランチ代)
問い合わせ:電話 080-5188-5468
      メールアドレス yotsubar.kaze@gmail.com

Ø  紙芝居ミュージカルが終わったら、軽食をとりながら大須賀さんと交流しましょう。小学生の時に授業で紙芝居を作った話とか、幼い頃の思い出からできた曲などについて、とか色々と聞いてみましょう。
♪翼をください♪大きな古時計♪ダンゴ虫のブルース等などの弾き語りから始まり、手話を交えて一緒に歌ったり、これも自作のミニミニ謎々をしたり・・・そして拍子木の音が聞こえたら、さぁ、いよいよ岩手県の民話をもとに大須賀さんが絵を描き、曲をつけた紙芝居ミュージカルのはじまり〜。

Ø  大須賀ひでき
シンガーソングライター。ミュージカル俳優としては「ミス・サイゴン」「レ・ミゼラブル」「ジキル&ハイド」「葉っぱのフレディ」等などに出演。昨年末までの10年間は、年配者には懐かしのデューク・エイセスのメンバーとしても活動。

l タップダンス、ダンス  l TAP&DANCE TOKYO COLLECTION2018
会 場:府中の森芸術劇場ふるさとホール
住 所:府中市浅間町1-2
開催日:2月17日(土)18日(日) *2日間のみ
時 間:2月17日(土)①開場14:30 開演15:00 ②開場18:30 開演19:00
    2月18日(日)開場12:30 開演13:00
チケット料金:前売3,800円 当日4,300円(全席自由)
問い合わせ:stage@swingbox-tokyo.com
本公演に関するお問合せ、チケットのご予約は stage@swingbox−tokyo.com へメールにてお問い合わせください。
また、チケットは出演者よりお求めいただけます。劇場での販売は行っておりませんのでご注意ください。

Ø  SWINGBOX 主催のTAPとDANCEの祭典 TAP&DANCE TOKYO COLLECTION2018が開催されます!今回もさまざまなナンバーとあらゆる世代のダンサーが集まり楽しいショーをお届けします。また、スペシャルゲストパフォーマンスもご用意しておりますのでご期待ください!

<CHOREOGRAPHER>
RON×Ⅱ ton 三澤豊彦 ユウスケ SHI⇒NA 堀田美冴 菅谷藍子 Aska Shiozawa
<ユニット>
MIYOKO’s TAP DANCE COMPANY
STUDIO417

l 即興音楽のイベント  l 静寂を舐めて
会 場:artist-run-space merdre
住 所:府中市矢崎町1-9-4
開催日:2月18日(日) *1日のみ
時 間:11:00 – 18:00
入場料:1500円(飲み物付き)
問い合わせ:電話042-319-9298
メールアドレスinfo@uma-merdre.com

Ø  即興音楽のイベントです。
今回は東京のノイズ・アンダーグラウンドシーンで活躍する5組のアーティストが参加。
イベントの最後には、出演アーティスト全員によるセッションも!

l 展示 l 織・小林愛子展
会 場:ギャラリーおかりや
住 所:中央区銀座4-3-5 銀座AHビル B2F
開催日:2月21日(水)-26日(月)
時 間:11:00-19:00
休廊日:火曜
入場料:無料
問い合わせ:03-3535-5321

Ø  アメリカ在住の織物作家、小林 Gray 愛子展。
コレクションの布(グァテマラ・アフリカ)の展示も併設。
3月にはギャラリー・イノウエハウス(府中市美好町2-6-4)で展示、および点と未来デザインラボラトリー(調布市染地3-1 816 A-5)で織り体験ワークショップを開催予定。詳細は次号フェットニュースで紹介します。

Ø  布の展示&スライドトークショウ
日時:2月28日(水) 14:30 – 16:30
会場:調布市男女共同参画推進センター

l ワークショップ l  なにかになって、からだをうごかしてみよう!
会 場:artist-run-space merdre
住 所:府中市矢崎町1-9-4
開催日:3月3日(土) *1日のみ
時 間:10:00-12:00
入場料:2000円
問い合わせ:電話042−319−9298
メールアドレスinfo@uma-merdre.com
対 象:満4歳から6歳までの未就学児
定 員:10名(先着順)
参加費:子ども 1000円(ワークショップ参加費、ランチセット込み)
    保護者 1000円(ランチセット込み) *必ず保護者同伴でお申し込みください。
持ち物:紙袋、新聞や広告、テープ
申し込み方法:メルドルのお問い合わせお申し込みフォーム(http://uma-merdre.com/contact/ )より、「3/3 ワークショップ」と題して、お名前、連絡先とお子様の年齢を記入の上、お申し込みください。

Ø  てとからだをうごかすワークショップ。
ご近所の振付家/演出家/ダンサー、白神ももこさんをお招きしてお子様(未就学児)向けのワークショップを開催します!
じぶんじゃないなにかになって、からだを うごかしておどってみよう。 どんなおどりができるかな?
紙袋や紙をつかってそれおれのお面をつくって自分じゃない何かになって、新しいうごきをみんなで作って踊ります。
終わった後は、振り付け家の先生と一緒にランチタイムも楽しみましょう~♪

主催:artist-run-space merdre
   府中子ども劇場(府中市市民活動センタープラッツ登録団体)
平成29年度府中市市民提案型市民活動支援事業
府中ふれあいこどもまつりアウトリーチ事業

Ø  白神ももこ Momoko Shiraga
振付家/演出家/ダンサー
ダンス・パフォーマンス的グループ「モモンガ・コンプレックス」主宰。
全作品の構成・振付・演出を担当。無意味・無駄を積極的に取り入れユニークな空間を醸し出す作風には定評がある。フェスティバル/トーキョー14では美術家毛利悠子、音楽家宮内康乃とストラヴィンスキーの『春の祭典』を手がけた。子どもから大人まで老若男女問わず一般向けのダンスワークショップや教職員向けのワークショップなども行っている。
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみアソシエイトアーティスト、急な坂スタジオサポートアーティスト。2017年度セゾン文化財団ジュニアフェロー。四国学院大学非常勤講師。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
このメールマガジンは、市民団体Artist Collective Fuchu(アーティスト・コレクティヴ・フチュウ)のメンバーが関わる展示やイベントの情報を掲載しています。

*アーティスト・コレクティヴ・フチュウは「暮らしと表現の芸術祭 フェット」を運営する任意団体です。
有志によるボランティアで、企画運営を行っています。「府中」と「多摩地域」にアートを広める活動、
地域にアートのプラットフォームを作る事業に興味のある仲間を募集しています。
アートマネージメントを勉強中の学生さんや主婦、社会人&退職された方。
地域とアートをキーワードに世代や立場を超えたアーティスト・コレクティブ・フチュウの活動に参加しませんか?
ご紹介も大歓迎です。興味のある方はメールアドレス(contact@fetetokyo.com )までお気軽にご連絡ください。

*イラストレーター・わしずひろあきさんによる「フェット」Tシャツも販売中!詳しくはこちら まで!

*購読の中止をご希望の方はこのメールアドレス(contact@fetetokyo.com )までご連絡ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

発行:Artist Collective Fuchu(アーティストコレクティブフチュウ)
執筆者:馬渕愛

公式ウェブサイト:http://www.fetetokyo.com/
Facebook: www.facebook.com/fetetokyo/
Instagram: fete_fuchu_tokyo
twitter: @fete_fuchutokyo


TOP