Mail Magazineフェットが届けるメルマガのバックナンバー

2017年11月22日号

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
『暮らしと表現の芸術祭 フェット』メールマガジン
+++++++++++++++++++++++++++++++++++ 

だんだんと本格的な冬が近づいてきましたね。
いつもより早めの配信です。

今週末11月26日(日)には、市民活動センタープラッツで「協働まつり」が、そしてけやき並木通りでは「府中マルシェ」が開催されます。
当日のプラッツでは、「フェット」のプレゼンを何とアバンギャルドなパフォーマンスとともに見られますよ。
そしてけやき並木通りでも、ライブペインティングを開催。

12月には沖縄映画上映と坂田明ライブを行います。
そのほかの展示やイベントも充実!

お見逃しなく!

—————————————————————————————————————–
11.26 週末は協働まつり&府中マルシェへGo!
—————————————————————————————————————–

l プレゼンテーション&ライブパフォーマンス l
フェット2018プレゼンテーション大会&ステファン芝辻ペラン、パフォーマンス

開催日:11月26日(日)
時 間:13:30 – 14:15
会 場:市民活動センタープラッツ5F特設ステージ
参加料:無料
住 所:東京都府中市宮町一丁目100番地 ル・シーニュ5階
問い合わせ:電話 042-139-9298
      メールアドレス contact@fetetokyo.com

Ø  市民協働まつり!Artist Collective Fuchuは11月26日13:30~ 5F特設ステージにて、フランス出身のマッドサイエンティスト、ステファン芝辻ペラン氏のパフォーマンスとACF代表のウタコの「フェット2018 プレゼンテーショントーク」を開催いたします。
45分間の夫婦共演?!

フェットってなに?
Artist Collective Fuchuってなに?
コレクティヴって?
府中でアート??
これなんの機械??
これから何が始まるの?!?!

来れば、フェットのすべてがわかる??
アートの、実験音楽の世界へようこそ!

超牧歌的な府中市民協働まつりのど真ん中で開催する不思議な機械音、ノイズ・・・
昨年開催して大好評だった暮らしと表現の芸術祭フェット、来年の開催に向けてのプレゼンテーションも同時進行で行います。
お楽しみに!

Ø  アーティスト・プロフィール
ステファン芝辻ペラン
エンジニア。東京大学情報理工学系研究科石川小室研究室へ博士研究員として2001年に来日。2005年頃からノイズミュージシャンやデジタルアートのクリエイターとしても活動を行う。身体と性、共感覚に着目し、作品を制作している。

l ライブペインティング l
『 only one CAR!』ライブペインティングプロジェクト in 府中マルシェ

開催日:11月26日(日)※雨天中止
時 間:11:00〜15:30(府中マルシェ開催時) 
     ※ご来場者の混乱を避けるため12:00〜13:00間はパフォーマンスを中止いたします。
会 場:府中けやき並木通り(府中マルシェ) 
    Cocorotus/府中卸売珈琲店キッチンカー前
参加料:無料
問い合わせ先:電話 090-9922-7946
       メールアドレス post@cocorotus.com 

Ø  府中のキッチンカー(移動販売車)がアーティストのドローイングによって生まれかわる!
アーティスト・渡邊美友の魅力的な線でクリエイティブな『 only one CAR!』=ひとつだけの特別な車が誕生する瞬間をお客様と共有します。
キッチンカーのランチを食べながら気軽に観られるライブペインティングです。
主催・企画:株式会社COCOROTUS

Ø  アーティスト・プロフィール
渡邊 美友 Miyu Watanabe
多摩美術大学卒業。卒業後、チュニジアに滞在し街並みを絵で表現することに興味を持ち制作を進める。その後、2人の子供の出産を経て、子育て・フランスワインの輸入業者の企画営業の傍ら、年に数回個展を開く。キャンバスや紙の作品のみならず、カフェやお店の壁にも絵を描き、バスソルトのパッケージデザインなども手掛ける。

—————————————————————————————————————–
Artist Collective Fuchu (アーティスト・コレクティヴ・フチュウ) 主催イベント
—————————————————————————————————————–

l 映画上映、ライブ l 映画『変魚路』& 坂田明ソロライブ in 府中

開催日:12月16日(土)、17日(日)
時 間:上映1回目13時半〜、上映2回目16時半〜、ライブ(17日のみ)18時〜
会 場:artist-run-space merdre メルドル
住 所:府中市矢崎町1-9-4
入場料(いずれも1ドリンク込み):上映のみ1500円、ライブのみ2500円、上映&ライブ3500円 
問い合わせ先: 
  電話  070-3300-7265
  メールアドレス contact@fetetokyo.com

Ø  日本復帰前後から沖縄を捉え続けてきた映像作家・高嶺剛の最新作『変魚路(へんぎょろ)』が、東京・府中で2日間限定上映!
そして前衛ジャズの巨匠・坂田明が12月17日(日)上映後にソロライブを敢行!

Ø  映画『変魚路(へんぎょろ)』について
ついに映画はここまで到達した!
坂田明率いるグループARASHIが、作品にアバンギャルドかつエネルギッシュな音源を提供。
作品の詳細はこちら。

—————————————————————————————————————–
ACF主催以外のイベント
—————————————————————————————————————–
*開始日順に掲載。

l 展示 l 「百合と蟻」坂田峰夫個展

11月3日(金・祝)-11月25日(土)
時 間:15:00 – 19:00
休廊日:水曜、日曜
会 場:Gallery 20202(ツーオーツーオーツー)代々木上原
住 所:渋谷区西原3-23-4コート代々木上原102
入場料:300円
問い合わせ先: 
  電話  03-3465-5065
  メールアドレス 20202@art.email.ne.jp

Ø  坂田峰夫の新作展
ビデオ作品の上映、その他展示

Ø  作家プロフィール
坂田峰夫
府中市在住の作家。フェット2016関連企画 MEETING POINT 2016 /府中市美術館市民ギャラリー(府中市美術館企画)
他、展示多数

l 展示 l 本を、つくってみた – アーティストブックの制作と展示

全体会期:11月3日(金・祝)- 2018年1月21日(日)
*6つの会場で内容の異なるグループ展が開催されます。
(本メルマガではスペースの関係で、以下の3つの会場を紹介します。残りの情報は次号でおしらせします。)

Ø  Chapter 1
    会 場:NADiff a/p/a/r/t
    開催日:11月3日(金・祝)- 11月26日(日)
    時 間:12:00−20:00
    休廊日:月曜
    住 所:渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
    出展作家:青木可奈 板津 悟 今村 仁 O JUN 大久保あり 川窪花野 木村俊幸 櫻胃園子 
         新津保建秀 夏目ふみ 三井田盛一郎 水戸部七絵 山本修路
    トークイベント:11月3日(金・祝)17:00−18:30(開場 16:45)
[出演] O JUN(画家)、滝口明子(うらわ美術館学芸員) 
[入場料] 500円
Ø  Chapter 2
    会 場:void+
    開催日:11月7日(火) – 11月25日(土)
    時 間:14:00−19:00
    休廊日:日曜、月曜、祝日
    住 所:港区南青山3-16-14-1F
出展作家:青野文昭 板津 悟 今村 仁 O JUN 大槻英世 川窪花野 木村俊幸 櫻胃園子 
         新津保建秀 三井田盛一郎 水戸部七絵 
    トークイベント「乱読」:11月7日(火)18:00−
                [出演] 青野文昭、O JUN、新津保建秀、ほか出展作家
                   関本欣哉(Gallery TURNAROUND オーナー)、
                   小池俊起(グラフィックデザイナー)
                   *トークイベント終了後、レセプションパーティー
Ø  Chapter 3
    会 場:switch point
    開催日:11月16日(木)- 12月2日(土)
    時 間:11:30−18:30
    休廊日:火曜、水曜
    住 所:国分寺本町4-12-4 1F
出展作家: 板津 悟  伊部年彦 O JUN 大嶋貴明 大槻英世  木村俊幸
    レセプションパーティー:11月16日(木)18:30−

Ø  Chapter 4
    会 場:HIGURE 17-15 cas
    開催日:11月18日(土)- 12月10日(日)
    時 間:13:00–19:00
    休廊日:月曜、火曜
    住 所: 荒川区西日暮里3-17-15
出展作家:板津 悟 岩熊力也 O JUN 木村俊幸 瀬尾夏美 夏目ふみ 丸山常生 三井田盛一郎
    イベント:11月18日[土]18:00–
         丸山常生(美術家・パフォーマンスアーティスト)によるパフォーマンス 
*パフォーマンス終了後、18:30よりオープニングレセプション

Ø  Chapter 5
    会 場:Gallery TURNAROUND
    開催日:11月28日(火)- 12月27日(日)
    時 間:11:00–20:00(日曜は18:00まで。最終日は17:00まで。) 
    休廊日:月曜
    住 所:仙台市青葉区大手町6-22 1F
出展作家:板津 悟 今村 仁 O JUN 大久保あり 大嶋貴明 大槻英世 木村俊幸 櫻胃園子 中野浩二 水戸部七絵
    イベント①:11月28日[火]18:45–19:15 
          丸山常生(美術家・パフォーマンスアーティスト)によるパフォーマンス 
*イベント前、18:00–18:45オープニングレセプション
イベント②:11月28日[火]19:30–21:00  
          仙台藝術舎/creek 五十嵐太郎 公開講座「紙でしかできない、本づくりを設計する~『S-meme』の試みを中心に」
           [出演] 五十嵐太郎(建築批評家/東北大学大学院教授)、O JUN(画家)
           [入場料] 500円(予約制|予約は会場E-Mailまで)

Ø  Chapter 6
    会 場:LOOP HOLE
    開催日:12月2日(土)- 12月23日(土)、2018年1月11日(木) – 1月21日(日)
    時 間:14:00–18:00
    休廊日:日曜、月曜、火曜、水曜
    住 所:府中市宮西町1-15-13
出展作家:板津悟 今村仁 O JUN 櫻胃園子 中野浩二 貴志絵里
    イベント①:オープニングレセプション 12月2日[土]18:00–20:00 
イベント②:クロージングイベント 2018年1月21日[日]15:30–
           [出演] 板津 悟、O JUN、大久保あり、中野浩二、関本欣哉(Gallery TURNAROUND オーナー)、小池俊起(グラフィックデザイナー)、神山亮子(府中市美術館学芸員)
[会場] 府中市美術館

l 展示 l ニット夢想

開催日:11月9日(木) – 11月26日(日)
時 間:12:00 – 19:00
休廊日:月曜、火曜、水曜
会 場:gallery space 亞
住 所:府中市片町2-22-27
入場料:300円(国連UNHCRに寄付)
問い合わせ先: 
 電話  042-364-2636

Ø  編み込みニットはいずこへ。男性も女性も子供も胸や背中につけていました。絵本のページのようなのもあったし、母親の手編みって得意顔で着てたっけ。ベネトンもミッソーニも色の魔呪師でした。

l 展示 l POOL -opening-

開催日:11月22日(水) – 12月2日(土)
時 間:11:00 – 18:00
休廊日:日曜、月曜、火曜(23日祝日もオープン)
会 場:artist-run-space merdre
入場料:400円(飲み物付き)
住 所:府中市矢崎町1-9-4
問い合わせ:電話 042-319-9298
      メールアドレスinfo@uma-merdre.com

Ø  かつて同じ場で制作をしていた二人が再会し、結成したPOOL。
桐生舞と佐藤T
柄の違う互いの作品や意識を、回を追って深めていこうと試みる、記念すべき第一回目の展示!
どこか切なさや哀しみを感じる桐生の銅版画、ユーモア溢れる佐藤の木版画と絵画を、どうぞごゆっくりとご高覧ください!

Ø  クロージングパーティ
12月2日(土)15:30〜17:30

 
l 展示 l ベップ・アート・マンス2017参加プログラム 「かわくぼみちこ 大分方言 de 書 ver.2」

開催日:11月25日(土) – 12月1日(金)
時 間:11:00 – 17:00
休廊日:なし
会 場:蔵ギャラリー しばた
住 所:大分県別府市駅前本町1-15
入場料:無料
ウェブサイト(ベップ・アート・マンス2017):http://www.beppuartmonth.com

Ø  おおいた方言の持つリズミカルな楽しさやかわいらしさ、ふるさとの言葉の魅力にせまる書と絵の個展です。ご好評をいただきました2015年開催の個展からの第2弾です。
Happyworldぜひご覧ください。

Ø  作家プロフィール
かわくぼみちこ
書道家。青山学院大学卒。
「おんせん県おおいた」や書籍の題字揮毫、企業とのコラボレーションや雑誌掲載、書と絵の個展、コラボ展など幅広く活動中。
書のギャラリーMichikoGallery〜つながるHappyproject〜主宰。

 
l ライブ l 風の音楽隊

開催日:12月3日(日)
時 間:16:00 開演(19:00くらいから打ち上げ)
休廊日:月曜
会 場:居酒屋 風
住 所:府中市片町1-6-1 青祥ヒルズ 102
入場料:3000円 (1 ドリンク付き)、2次会別途2000円(飲食付)
問い合わせ先: 
  電話  080-5188-5468 or 042-361-5669
  メールアドレス yotsubar.kaze@gmail.com

Ø  横井久美子さんの春秋楽座から始まった風ライブの中で、中川五郎&宮原芽映を中心とした仲間たちと毎年、年末、恒例となり、はや20年以上続いている伝説の?ライブ。フォークあり、ロックあり、オリジナルあり。

Ø  作家プロフィール
中川五郎:知る人ぞ知る♪受験生ブルースの作詞者。年配者には「猥褻裁判」でも有名だとか。
宮原芽映:高校生の時にメジャーデビュー後、小椋佳氏に作詞を師事、レベッカ等多数に詩を提供。今はshiroで活躍中。

l 展示 l 樫内あずみ「え詠み」& 個展「Hakka」

開催日:12月6日(水) – 12月9日(土)
時 間:11:00 – 18:00
休廊日:日曜、月曜、火曜
会 場:artist-run-space merdre
入場料:401円(飲み物付き)
住 所:府中市矢崎町1-9-4
問い合わせ:電話042-139-9298
メールアドレスkokohana713@gmail.com

Ø  「え詠み」& 絵の個展「Hakka」
同時開催です。

まるで、
それぞれの「なにか」が
Hakka するように。

Ø  作家プロフィール
樫内 あずみ
画家、紙に即興で絵を描き、感じた事を伝える「え詠み」を行う。

l 子どもの居場所 l 第17回 こどもばーる 「つくって あそぼ」と「つくって たべよ」

開催日:12月16日(土)
時 間:10:00 – 15:00
休業日:月曜
会 場:IZAKAYA KAZE
参加料:300円
住 所:府中市片町1-1-6 青祥ヒルズ 102
問い合わせ:電話042−361−5669
      メールアドレスyotsubar.kaze@gmail.com

Ø  「つくって あそぼ」は、ペットボトルや空き瓶を使ってスノードームを作ります。中に入れたい物があれば、持って来てね。「つくって たべよ」は、3回連続で小麦粉シリーズ。お好み焼き。コネコネだけでなく、材料トントンもやってみよう!

Ø  自分の手を拭くタオルかハンカチは持って来てね。水筒などを持って来る人は、記名してあるか確認して下さい。忘れ物が時々あります。小学生以上は、一人で来て参加できますが、ママ、パパもこども達と一緒に過ごせるようでしたら、奮ってご参加ください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
このメールマガジンは、「フェット2016」でご協力いただいた皆様、名刺交換をさせていただいた皆様にお送りしています。
購読が必要ない方は、お手数ではありますが、このメールアドレス(contact@fetetokyo.com)までご連絡ください。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
このメールマガジンは、市民団体Artist Collective Fuchu(アーティスト・コレクティヴ・フチュウ)のメンバーが関わる
展示やイベントの情報を掲載しています。

*アーティスト・コレクティヴ・フチュウは「暮らしと表現の芸術祭 フェット」を運営する任意団体です。
有志によるボランティアで、企画運営を行っています。「府中」と「多摩地域」にアートを広める活動、
地域にアートのプラットフォームを作る事業に興味のある仲間を募集しています。
アートマネージメントを勉強中の学生さんや主婦、社会人&退職された方。
地域とアートをキーワードに世代や立場を超えたアーティスト・コレクティブ・フチュウの活動に参加しませんか?
ご紹介も大歓迎です。興味のある方はメールアドレス(contact@fetetokyo.com)までお気軽にご連絡ください。

*イラストレーター・わしずひろあきさんによる「フェット」Tシャツも販売中!詳しくはこちらまで!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

発行:Artist Collective Fuchu(アーティストコレクティブフチュウ)
執筆者:馬渕愛


TOP