12月4日(日)自分の住んでいるまちを面白くする〜地域イベントの作り方 🗓

【府中駅・分倍河原駅エリア】 ルミエール府中 第一第二会議室
\フェットーク!/
「自分の住んでいるまちを面白くする 〜地域イベントの作り方」
日時:12月4日(日) 開場 18:45 開始 19:00
入場料:無料
定員  60 名
申込  contact@fetetokyo.com まで
件名に「フェット講演会参加希望」と記して、名前と電話番号を明記の上、お申し込みください。
問合せ メール contact@fetetokyo.com 電話 042-319-9298(フェット事務局)
主催  フェット FUCHU TOKTO 2016事務局、Artist Collective Fuchu
補助  府中市

この講演会では墨田区押上に生まれ育った岸野雄一氏と、同じく墨田区で活動しているライターのヨネザワエリカ氏をお招きして、墨田区でのアートや音楽イベントの取り組みや、岸野氏主催のコンビニを舞台にしたDJ イベントや盆踊りなどのお話をききつつ、音楽やアートが地域とどう関わり、巻き込んでいけるのか、面白い地域イベントの作り方を伺います。

岸野雄一(きしのゆういち)
墨田区押上に生まれ育ち、音楽家、俳優、著述家等様々な活動を包括する肩書きとして「スタディスト(勉強家)」を名乗る。音楽レーベル“Out One Disc”を主宰。東京藝術大学大学院、美学校で教鞭をとる。昨年パリで初演を行った音楽劇「正しい数の数え方」で第19 回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門大賞受賞。

ヨネザワエリカ
1979 年大阪生まれ。広告会社などを経て東京を中心にライターとして活動している。墨田区では鳩の街通り商店街、墨東まち見世、39アートin 向島、すみだ川ものコト市などへ関わる。美術とおいしいものとファッションをこよなく愛するさすらいライター。
「墨東まち見世」アートプラットフォーム
39アートin向島
すみだ川ものコト市
鳩の街通り商店街

12月17日(土)やってみよう!こどもプログラミングワークショップ

TENTO-EX.府中

【府中市美術館エリア】 TENTO EX.府中

開催概要

日時:12月17日(土)10:30〜17:30
場所:むさし府中商工会議所( 〒183-0006 東京都府中市緑町3丁目5−2)

<プログラム>

●やってみよう!こどもプログラミングワークショップ
「ビスケットでやってみよう!絵を描いて、並べて、動かす!みんなでつくるアニメーション」
日:12月17日(土)
時間:10:30〜12:00
対象:4歳〜小学校1年生/8名
参加費:2500円

「ビスケットでつくってみよう!タブレットをタッチして遊ぶゲーム」
日:12月17日(土)
時間:13:30〜15:00
対象:小学生8名
参加費:2500円

「スクラッチでやってみよう!プログラミングで描くグラフィック」
日:12月17日(土)
時間:16:00〜17:30
対象:小学生(ローマ字入力ができること)8名
参加費:2500円

詳細はこちら

12月17日(土)東京府中で考えるプログラミング教育について

TENTO-EX.府中

【府中市美術館エリア】 TENTO EX.府中
日時:12月17日(木)19:30-21:00

「東京府中で考えるプログラミング教育について」

日:12月17日(土)
時間:19:30〜21:00
対象:大人
参加費:1000円(飲食代として)

申込みはこちら

フェット・プロジェクト2016 🗓

【府中市美術館エリア】 府中市美術館市民ギャラリー
日時:12月7日(水)〜12月11日(日)10:00-17:00

市内のアーティスト・ラン・スペース(作家が主宰する展示スペース)LOOP HOLE、GALLERY HIREMINE TOKYOによる企画展
LOOP HOLE 村上綾、岡野智史
GALLERY HIRAMINE TOKYO 新井李奈、大久保具視、小野冬黄、上村洋一、鈴木知佳